単心室(右室性)
本来2つある心室が1つしかない心奇形です。左室が小さい右室性と右室が小さい左室性単心室に分けられますが私は前者の右室性単心室です。心室が基本的に1つしかない為に新しい新鮮な血液と酸素を含まない汚い血液とが交ざり合い、全身チアノーゼで乳児期早期に気付かれる重篤な疾患です。

左心低形成症候群
左心室が非常に小さく大動脈をはじめ左心房に至る左心系が低形成の極めて予後不良な疾患です。チアノーゼや重症の心不全等を起こし医学が発達した現在においても尚予後が良くない病気です。

完全大血管転位
大動脈と肺動脈が逆に付いている重症心奇形で通常は右心室から肺動脈が、左心室から大動脈が出ているのに対し右心室からは大動脈、左心室から肺動脈が起始しています。

大動脈肺動脈中隔欠損症
大動脈と肺動脈の接続部位に欠損がある疾患で私は完全大血管転位の珍しい形をしていて完全大血管転位は通常両動脈が離れているのに対し、私は両動脈が入れ替わっているのに癒着してその部位に穴が開いています。

三尖弁異形成
三尖弁の高度の異形成により重度の三尖弁逆流をきたす疾患です。最重症例では胎児期に胎児水腫を起こし胎児死亡する確立が高く、運よく出生にこぎつけても新生児期に死亡する極めて重篤な疾患です。

三尖弁閉鎖(膜性狭窄)
三尖弁が閉鎖しているものでチアノーゼや呼吸困難などの心不全の症状が診られ肝臓が腫れたりします。私は重症三尖弁狭窄症で珍しい膜性狭窄です。狭窄が重度なので三尖弁閉鎖と同じような病態が診られます。

総肺静脈還流異常
左心房に還流すべき肺静脈が総て体静脈に異常に還流してしまう疾患です。チアノーゼや心不全等で発症し重症心疾患に分類されます。

肺静脈狭窄・閉塞症
肺静脈が狭窄・閉塞しているもので予後不良な疾患です。肺静脈の狭窄・閉塞がひどいと片肺での生活になる方もいます。

肺動脈閉鎖
肺動脈が閉鎖している心疾患でチアノーゼや心不全が起こります。

末梢肺動脈狭窄症
末梢肺動脈が狭窄している珍しい疾患で治療が難しい病気です。

肺動静脈瘻
通常動脈は毛細血管を介して静脈へと繋がりますがそれが毛細血管を介さずに動脈と静脈がシャントしてしまうものです。チアノーゼ、心不全が強く低酸素血症が重度になります。

肺動脈低形成
肺動脈が小さく細い心奇形で珍しいものです。

中心肺動脈欠損
肺動脈は左右に岐れていますがその中心部がありません。

大動脈弁下狭窄
大動脈弁下に狭窄がある珍しい疾患で突然死が懸念されています。

大動脈閉鎖不全症
大動脈弁の開閉が上手くいかず閉まりが悪くなり逆流を生じる疾患です。私は逆流が重度で心不全が非常に強く突然死の可能性が高い病気です。

重症大動脈縮窄複合
大動脈弓に狭窄がある疾患で心不全が強く、乏尿や無尿等の腎不全や肝不全が強く現れます。上下肢の脈拍や血圧が異なります。

大動脈弓離断複合
大動脈弓の一部が欠損する心奇形で心不全が強く急速に悪化する疾患です。

重複大動脈弓
大動脈弓は通常三本ですが発生異常によりそれよりも多くなるために異常な血管が気道や肺、食道に廻りこみ圧迫してしまう血管輪の一つです。

左右鎖骨下動脈起始異常
左右の鎖骨下動脈の起始異常です。どの部分に起始異常があるかどうかで血圧の差が違います。左右の起始異常の場合は左右の耳では差はなく、左右の手では中等度の低下、下肢では有意に低くなります。

左肺動脈右肺動脈起始症
左肺動脈が右肺動脈から起始する疾患で血管輪の一つです。左肺動脈が食道等に廻り肺、気道を圧迫するため呼吸不全で発症し予後も良くない病気です。

両大血管右室起始症
大動脈と肺動脈の両方が右室から起始する疾患でありその種類は沢山あり、私の場合はその血行動態が完全大血管転換に類似しています。チアノーゼ、心不全ともに強いものです。

完全型心内膜床欠損症
心室中隔流入部と心房中隔一次孔が欠損する疾患で乳児期から重篤な心不全を起こしチアノーゼ等も診られます。

三心房心
通常2つしかない心房が左房の異常壁によって左房が2つに仕切られ結果、心房が3つになる珍しい心奇形です。

右室二腔症
右室が異常心筋変性によって2つに壁立てられるもので珍しく、心室中隔欠損では稀に合併しますが単心室等ではないようです。

動脈管開存症
通常胎児は肺呼吸をしていないのでこの動脈管は皆開いています。生まれて2.3日でこの動脈管は閉じますがそれが器質的に閉鎖できないものです。通常開いていてはいけないものですが私の場合はこの動脈管で血流を確保し生命を維持しています。

HOME

ランダム
ホムペ編集 ホムペ作成


(C)ecaco