ポッター症候群
両腎の無形性で、羊水過少から出生前診断が可能です。その多くが死産となり、生まれてきても生存することは出来ません。私は右側の腎臓が無形性で、左の腎臓は半分以下の大きさしかなく、ほとんど無形性に近い状態で、何とか、左のわずかな腎臓の機能で生存できた感じです。

重複腎盂尿管
通常2本ある尿管が左右に2本ずつ異常発生し計4本の尿管がある先天性奇形です。

先天性水腎症
腎盂・腎杯が拡張して腎実質が萎縮し薄くなって腎機能障害がおきる疾患です。

水尿管症
種々の原因から尿管が拡張する病気です。多くの場合上述の水腎症を伴います。

遊走腎
腎臓はもともと周囲の臓器組織できちんと固定されていません。健康な人でも立位になると腎臓は4〜5aは下方に下降します。それ以上下降し骨盤まで下がる場合を遊走腎いいます。

腎盂尿管移行部狭窄
腎盂から尿管を結ぶ管が狭窄を起こすものです。先天性の奇形で様々な腎障害を伴います。

尿管膀胱移行部狭窄
尿管から膀胱にを結ぶ管が狭窄をする疾患で先天性異常です。様々な腎異常を伴います。

膀胱尿管逆流現象
膀胱尿が尿管、腎臓へと逆流する疾患で腎感染症に罹患しやすく先天性の腎奇形の併発が多くみられます。

逆流腎症
上述の膀胱尿管逆流現象が原因で腎症を引き起こした疾患です。

慢性腎盂腎炎
腎臓内に細菌が持続的に存在し、感染が治らずに続いている状態です。進行すると腎臓が萎縮して腎不全になり命に関ります。

チアノーゼ腎症
チアノーゼ性心疾患の子どもは腎疾患を発症しやすいといわれています。血液を十分に腎臓へ行き渡らない為に腎臓に負担がかかり発症するものと考えられています。

慢性糸球体腎炎(膜性増殖性糸球体腎炎)
腎異常が1年以上持続するものをいい、慢性に血尿、蛋白尿があります。

ネフローゼ症候群
大量の蛋白が尿中に排出され、血中の蛋白が減少する病気です。浮腫や大量蛋白、尿量減少があります。

上部尿路結石・下部尿路結石
腎臓(腎杯、腎盂)、尿管、膀胱、尿道結石などと呼びます。痛みなどが起こります。

腎実質性高血圧症
突然起こった高血圧、急な悪化で突然に高血圧になるものでその原因の多くは腎臓の病気によるものです。若年者の高血圧ではこの腎実質性が多いのです。

慢性腎不全
徐々に腎機能が低下して体液が量的にも質的にも恒常性が保たれるのが困難となった状態です。腎機能廃絶すると体内に溜まった有毒な老廃物が排出されなくなり生命にとって危険な状態になります。透析が必要となる。

Fanconi症候群
近位尿細菅の異常で再吸収されるべきものが、再吸収されず排泄される病気。電解質異常、骨の発育遅延、骨の痛みなどを引き起こす。

悪性高熱症
麻酔または筋弛緩剤使用中に、治療不可なひどい高熱を発生する稀な遺伝性疾患です。医学が発展した現代においても、治療できない致命的疾患で麻酔科医が最も恐れる病気です。

ハート・ナップ病
トリプトファンなど特定のアミノ酸が腸から十分に吸収できず、さらに腎臓がうまく再吸収できない事が原因で発疹や脳の異常が起きる稀な遺伝性疾患。日光過敏、精神発達の遅れ、低身長、頭痛、不安定な歩行、虚脱状態や失神、精神的・心理的な問題(不安や心配、恐れ、妄想、幻覚など)が起こります。

HOME

戦国BASARA ランダム
ホムペ編集 ホムペ作成


(C)ecaco